一般歯科

フラン歯科クリニックでは、保険治療・自費治療に関わらず、良質な歯科治療を提供したいという思いで本気で診療に取り組んでいます。

このため、虫歯・歯周病といった一般歯科治療でも、10年先の健康を考え下記のような取り組みを行なっています。

1.できるだけ歯を削らない虫歯治療

当院では、できるだけ歯を削らない治療を心がけています。
削って失った歯質は二度と元に戻りません。手探りで高速タービンのみを使うと、歯を削りすぎてしまう恐れがあります。

虫歯を治療する際には「虫歯の状態」を慎重に見極めなければなりません。

このため、正確な診断・治療のために下記のような取り組みを行っています。

「う蝕検知液(カリエスディテクター)」による虫歯の染め出し

虫歯になった部分だけが染め出しされるう蝕検知液(カリエスディテクター)を用いて、虫歯の位置を正確に特定しています。

う蝕検知液は様々なメーカーから出ていますが、その中でも精度がよいものを使用しています。

健康な歯を削らないための「スプーンエキスカベーター」

虫歯を除去する際、高速タービンでは速く虫歯を取り除ける反面、健康な歯質まで削ってしまう恐れがあります。

そこで当院では、虫歯に侵された部分だけを正確に除去するため、先がスプーン状になった「スプーンエキスカベーター」を用いて、健康な歯にダメージを与えないように細心の注意を払って虫歯治療をしています。

2.最新機器を駆使した高品質な歯科治療

肉眼ではなく超拡大視野のマイクロスコープを使った治療

当院は、手稲区でも珍しい、マイクロスコープを導入している歯科医院です。
保険治療でも必ず毎回ではありませんが、必要な際は随時使用しています。(追加料金はかかりません)

マイクロスコープを使用することで、肉眼や拡大鏡よりもさらに細かく、超拡大視野で見ることができるため、精密な治療が可能になります。

神経の治療では、今までは手探りで根の穴を探していたものが、拡大視野ではっきりと場所を確認しながらできるようになりました。

またモニターに映像を映し出すこともできるので、自分の歯の状態がどうなっているのかを確認しながら治療を受けることができます。

唾液による感染を防ぐための「ラバーダム」

根の治療をする際、無菌状態にしながら治療を行なった方が、良好な結果が得られます。

しかし、治療途中に唾液が歯にかかると、唾液の中に含まれる細菌によってすぐに感染を起こしてしまいます。

当院ではこの唾液による感染を防ぐために、根の治療では必ず「ラバーダム」を使用しています。

正確な根の治療のための「根管長測定・洗浄器」

根の治療の際、歯によって根の長さが異なるため、正確な測定が必要です。

当院では歯を傷つけることなく、根管長測定をしながら根管洗浄もできるタイプのものを使用しています。

歯科用CT

当院では歯科用CTを導入しています。歯を様々な方向から診ることが出来るので、今まで見えなかった部分の異常を見つけることが可能です。

当院では機器のバージョンアップを続けて来て、現在のCTで3台目のものになります。

3.より精密で高品質な治療をするための当院のこだわり

歯を削ったあとの詰め物・被せ物を作るためには、歯の模型をとります。

この際、より精密な模型・被せ物を作成するための当院のこだわりをご紹介します。

シリコン印象材

歯の型取りをする際、よく使われているのが「アルジネート印象材」という水で固まる材料です。

当院では、アルジネート印象材の他に、気泡が入りにくく、より精密な印象がとれる「シリコン印象材」を使用しています。

粉液比計測と真空練和器の使用

型取りをした後、粉と水を混ぜた石膏を流し込んで模型を作成します。

この時、スタッフが粉と液を目分量で測るところが多いですが、粉や水が多すぎると、硬化膨張率が変わってしまい模型に誤差がでてしまいます。

そのため、当院では院長が必ず粉・液を測定しています。

また、気泡が入らないように毎回真空練和器を使用して混ぜています。

正確な模型を製作すると、ミクロ単位の誤差が少ない、歯にフィットした詰め物・被せ物が出来上がります。

詰め物・被せ物の製作は、中国ではなく北海道の腕の良い技工所に発注しています。

全身のバランスを測定する体成分分析装置

当院には、歯科治療後の噛み合わせの不調で長年悩んでいる方も来られます。

噛み合わせの調整には歯の調整だけではなく、全身の骨格・筋肉の歪みが関係してきます。

特に、失った歯の数が多くなると、上半身と下半身のバランスが不均衡になり、歩く際のバランスの取り方が不均一になります。

そこで当院では高精度の体成分分析装置を設置し、骨格筋や脂肪、部位別の筋肉バランスを測定して診療に取り入れています。