なかなか良くならず困っている方へ

歯のことで悩むのは、本当に憂鬱な気分になるかと思います。
歯医者に通っているのに、「なかなかよくならない」「かえって調子が悪くなった気がする・・そんな方はいらっしゃいませんか?

私が勤務医時代、近所に「とても早く治療が終わる」と評判の歯医者さんがあり、そこから転院してきた患者さんの口の中を見て唖然とする事がありました。全体の噛み合わせを考慮せず、とにかく削って詰める・かぶせるといった治療をしているのです。

そういった治療を受けると、体の対応力が高い患者さんは顎の症状は出ませんが、差し歯が折れたり、歯が欠けたりして結局再治療が必要になります。
そして、対応力の弱い患者さんは、「かめない」「口が開かない」といった顎の症状に悩まされる事になります。

フラン歯科クリニックは、そんな歯医者で悩まれる方をなくし、「自分自身がしてほしいと思う歯科治療を提供したい」という思いから、札幌市手稲区新発寒に開院した歯医者です。

当院の考え・診療方針をご紹介します。

1.健康寿命はお口の健康に左右される

日本は今や世界有数の長寿国です。
しかし、日常生活が制限されることなく自立した生活ができる「健康寿命」という視点で見ると、平均寿命から10年も引かなければならないと言われています。

つまり、10年間も介護や人の助けが必要な期間があるということです。
この健康寿命は、お口の健康によって左右されます。

その場しのぎの治療を繰り返し、噛み合わせが狂い、それが元となる抜歯により噛む力が弱くなると、軟らかい脂質や炭水化物の多いカロリーオーバーの食生活に偏ります。

ビタミン、繊維、ミネラルも不足し、あらゆる生活習慣病になる危険性がグンと高くなり、お年を召してからの医療費や、ご自身、ご家族への負担に大きな差が生じます。

健康寿命が尽きてしまったとき、あなたの介護をしてくれるのは誰でしょう。

「歯医者」というと、残念ながらほとんどの方は、その「治療法の本当の意味と大切さ」そして、「長い人生の中での歯の変化」を知らないまま、インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング、詰め物はゴールド、またはセラミックと、いろいろな治療法の情報が、一度に飛び込んでくるので混乱されるかもしれません。

そして、知らなければ、「とりあえず問題のあるところだけ治れば…」となってしまうのは、当然かと思います。

しかし、本来、歯科治療は「患者様の人生をお口の健康からサポートし健康寿命を伸ばす」このためにあるのです。

この大目標を見据え、コンサルテーションを重視し、患者様のお話をじっくり伺い、そのうえで患者様に一番良いと思われる治療法のご提案をするというのが、フラン歯科クリニックの診療方針です。

2.応急処置的な治療ではなく、10年先の健康を考えて治療します

歯科医療は日進月歩で進んでいます。昔の「ただ悪くなったところを応急処置的な治療で痛みを取り、詰め物をする」という治療だけではないのです。

応急処置的な治療が長い年月を経て歯並び、噛み合わせに悪影響を与え、心身にまでにその影響がでることがわかってきています。
その長い時間をかけて悪くなった歯、歯並び、かみあわせを直すことになると大変なお金と時間がかかってしまうのです。

患者様の側からすると「痛くもない歯になんで治療が必要なの?」と思われる場合があるかもしれません。

しかし、歯科医師を真剣にやっていると、お口の中を見せていただくだけで、10年後に起こるお口の中の問題が、大体予想がつくようになるのです。
ですから、今問題がないと思われる歯にも、10年先の健康を考えて治療をご提案することがあるのです。

その際も丁寧な説明をさせていただきます。納得いただけるまでご質問も大歓迎です。
その上で提案した治療法のどれを選択するか、また、選択しないかは患者様が選んでいただければと思います。

3.予防が最も経済的

当院では、予防メンテナンスを重視しています。
なぜなら定期的に来院してくださることが皆さんのお口の健康を守るための最善策だからです。

しかも「予防が一番経済的」です。

北欧の福祉国家では、国民の健康を無料で面倒をみているため、どうすれば経済的に国の負担が減るかを研究しました。
その結果、歯科に関して一番経済的なのは「予防すること」とわかったのです。

お伝えしたように健康面、美容面でのプラスも多く、予防歯科はいいことずくめです。

これは来てもらって儲けたいために言っているのではありません。
しかしそのように感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

多くの患者様とのコンサルテーションをしていると、悲しいことに、どれほど皆さんが歯医者を信用していないか伝わってくることがたくさんあります。
そもそもその不信感の原因は何なのでしょうか。

4.充実のコンサルテーション

歯医者に対する不信感の最大の原因は「不十分なコンサルテーション」にあると考えています。

このことが患者様が不信感を持ってしまう最大の原因だと思っています。

コンサルテーションの不足によって、納得しないまま治療に入り、一体、どんな治療なのか、なぜその治療をするのか聞けないまま、納得できない治療結果となり、それが不信感となり、歯医者から足が遠のき、余計に歯の問題が深刻化し、長い時間をかけて身体の健康をも蝕んでいくという結果にかってしまっているケースもあります。

当院は、お一人おひとりに余裕を持ちながらカウンセリングし、じっくり・しっかりご要望や症状をお伺いした上で治療にあたります。

歯やお口のことで悩まれている方、どうぞお気軽にご相談ください。